オートプライド
HP http://www.autopride.co.jp/ 在庫情報 検索する
       
  港北ニュータウンのランドマークとして

 「1997年にオープンした当初、このあたりでは野原が続く、のんびりした場所でした。それが日本とともに街も賑わい今では、「ハマのビバリーヒルズ」との異名がある横浜・港北ニュータウン。オートプライドは、この地を拠点とする輸入車ディーラーとして、いち早くオープンした。その沿革を酒井店長にお聞きした。「地元のお客様も多いのですが、東京、千葉、埼玉など首都圏を中心として引き合がありますね。それからインターネットで検索して、北海道など遠方の方からの問い合わせも少なくありません」。さらに、ニュータウンの開発が進み、居住者の増加にともない、地元のお客様も着実に増えているとのこと。

 「インターネット検索や自動車雑誌を見て連絡をいただいたお客様には、希望車種のプロフィールをわかっていただくために、メール、写真、電話などでできるだけわかりやすい情報提供をこころがけています」。とはいいながら、それだけで購入を決めようとしてはいけないと語る。「遠くのお客様によくあるのですが、車両を実際に見ないで決めてしまおうとする方がいらっしゃるんです。そういうときは、『ちょっと待ってください』と。できることなら、クルマをご覧頂いて、試乗していただければ幸いです。せっかく当店を選んでくれたわけだし、売りっ放しはできません。クルマは安い買い物ではないし、気にいらないからといって、すぐに買い替えられないでしょう」。だからこそ、できれば実車を見に来ていただくようにしているという。そういうことがお客様との信頼関係につながると、酒井店長は言う。


  欧州車を中心にした車種展開

 オートプライドの取り扱い車種は、欧州車、とりわけドイツ車が多い。「中古車の質は、ファーストオーナーの取り扱いで80%決まってしまうんです。しかも年式が経ったお車程その重要性は高まります。だからこそその車の経歴にはとことんこだわりたいのです。もちろん、当社代表がヤナセ出身ですので、メルセデスベンツには特にこだわりが有りますが、他車種でも、ファーストオーナーの顔が見えるお車は積極的に扱っております」本社ショールームの裏には簡単なメインテナンスや洗車ができるスペースがあり、展示車両はどれも手入れが行き届いている。さらに車で5分ほどのところにメカニック5人体制の専用整備工場を有し修理代車も上等とは言えないが17台も保有する念の入れよう。車両のコンディションに徹底的にこだわり後々のメンテナンスのバックアップ体制をきっちり作りあげているのは、酒井店長の影響が大きいのだろう。


  メカニックの目から最高品質の輸入車を提供

 「もともとはトヨタのメカニックだったんですよ」と語る酒井店長。そのキャリアは、若いスタッフへの教育に、また営業にも十分に生かされている。「中古車を見に来店されたお客様は、車を売っている営業マンの話を聞くことはもちろんですが、客観的にメカニックとしての見たままのお車の状態を聞きたかったりするのが、心情的には大きいと思うんですよ。僕はトヨタで7年間みっちり、メカニックと車検検査員の仕事をやってきましたのでその経験を生かした、車選びやカーライフをご提案させていただければと常日頃心がけております」と何とも頼もしい限りだ。たとえば、車両価格が10万円安くても、車検や整備でそれ以上にかかることもある。反対に、見た目の割安感はなくても何年も良いコンディションで結果的に割安なこともあるんです」。だからこそ、お客様とはできる限りのコミュニケーションを取って、お互いに納得して商談を進めていくことが大切なのだ。価格には反映されないし、目で見ることはできないサービス。酒井店長の言葉の端々には「良質な輸入車を安心して乗っていただきたい」という気持ちが伝わってくる。

 

第三京浜・都築ICより車で約10分。鉄道なら横浜市営地下鉄・仲町台駅が最寄り駅。メルセデス・ベンツ、BMW、ジャガー、サーブなど、アップタウンにふさわしい車両をメインとしている。


“ビジネス・エクスプレス”といわれるだけに、メルセデス・ベンツのEクラス、Cクラスは積極的に走るドライバーにおすすめ。オートプライドはディーラー車の扱いが基本なので車両の素性も良い。
新型Eクラスが登場したことで、先代の210シリーズ、先々代の124シリーズは流通量も多く、現在、輸入車市場での動きが活発。セダンか、ステーションワゴンか、エンジン排気量、ボディカラーなど選択肢が多いのが特徴。

気軽に立ち寄れるオープンの展示場。1台1台にタイヤロックやステアリングロックを施して、セキュリティも万全。こんなところにも車両を大切にするディーラーとしての細やかさが伝わってくる。 清潔感のある商談スペース。窓越しに展示車両を眺めながら話ができる。酒井店長以下、車のメインテナンスを得意とするスタッフによる丁寧な応対は定評あり。


一度に4、5台が入庫できる自社整備工場。社屋2階分を吹き抜けにして、大型リフトを2基設置。ボディサイズを問わず完璧なメインテナンスが可能だ。お客様の目に触れることは少ないが、こういったサービス体制が良質な車両の供給につながるである。

大人の会話の合間、小さな子供たち用にオモチャや塗り絵、お菓子などを用意。このようなさり気ないサービスの提供には好感が持てる。
       

  オートプライドのHomepageはこちら
http://www.autopride.co.jp/


 
 SHOP DATA  MAP
店名: (株)オートプライド
住所: 〒224-0037
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎南2-12
TEL: 045-948-4077
FAX: 045-948-4088
URL: http://www.autopride.co.jp/
E-mail: fwkb2598@mb.infoweb.ne.jp
営業時間: 10:00〜20:00
定休日: 木曜日
在庫情報: 検索する

  < Back