アウトパラス
HP http://www.pallas.co.jp/ 在庫情報 検索する
       
  生涯フランス車一筋。

 京都府山科。外環状線と名神高速道路とが交わるエリアの程近く。ここ「アウトパラス」は、関西圏においては極めて稀少なフランス車専門店である。40台を優に超える在庫車の内、シトロエンが約半数。残り半分はプジョーとルノー、さらにはサーブも数台扱う。「在庫に関しては、現状がマックス。これ以上、増やすつもりはありません」とオーナーの三浦社長。「扱う台数を増やすことで、一台一台のクルマに目が行き届かなくなる」とのこだわりがこのショップの信念を如実に物語る。

 もともとファッションにおけるアイテムのひとつとしてフランス車にのめり込んだ三浦社長。その魅力はずばり「どこから見ても美しく、すべてにおいてしっかりと“デザイン”されていること」だと言う。大学に通っていた頃から、シトロエンなどが持つ独特の個性に魅せられ、ディーラーさえも定着していなかった当時は、まだまだ安くていいものを探し出せる状況ではなく、それならば…っと、一念発起して立ち上げたのが現在のショップである。「生涯フランス車一筋」-。それだけに扱うクルマに対する造詣と知識は、まさに筋金入り。事実、取材中も全国各地から、クルマに対する問い合わせがひっきりなしである。「けっして、ブームにはならないけれど、好きな人はずっと好き。フランス車とは、そういうクルマです」と三浦社長は笑う。


  今あるイメージへの挑戦。

 仕入れは、オークション、ユーザーからの買取、ディーラーからの下取など。ここでのこだわりは、手を出してはいけない年式、仕様のクルマを排除すること。トラブルの発生する可能性が高いものは、最初から数には入れない。「極端な言い方かもしれませんが、例えばエアコンひとつにしても、輸入車はその性能をきっちりと発揮していないと思うのです。輸入車=エアコンの効きが悪い、ではなくて、エアコンの効きの悪い輸入車に乗っている人が多いということをユーザーには知って欲しい」と三浦さん。

  ともすれば「故障が多い」というレッテルを貼られてしまうフランス車ではあるが、それは確実に偏見であることは、このショップでクルマを購入したユーザーの声を声を聞けば一目瞭然である。故障する確率の低いクルマを仕入れ、きっちりと細部にまで手を加える-。けっして特別なことをしている訳ではなく、当たり前のことを当たり前に行うことで、このショップはユーザーからの揺るぎない信頼を勝ち得ている。そんな三浦社長のこれからの指針は…。「国内未入荷の新車と生産中止になった古い仏車のフルレストア販売。“楽しむ”という次元において、お客様の選択肢をもっともっと広げてあげたいですね」

  はっきりとした美意識と他人に流されない自己主張。確かにフランス車は、広く大衆に支持されるクルマではないのかもしれない。けれども、これらのクルマを愛して止まない人たちにとって、このショップは「ほんもの」を教えてくれる稀少な場所なのである。

 
在庫車も常時40台以上。全車に2ヶ月、2千 Km の保証付。整備においても基本的に完全自社対応。それこそ電球一個から気軽に交換してくれる。もちろん、全国どこへでも納車OK。


2000年式シトロエンXantia EXCLUSIVEとXm EXCLUSIVEはそれぞれワンオーナー、走行も1万未満で価格はそれぞれ228万円、368万円。2000年式サーブ9-3Aero2.0TSは走行4.3万ながらほとんど新車同然で価格は229万円、また、92年式サーブSタイプは低年式ながら品質は極上。


オーナーの三浦さんは、フランス車における知識と造詣の深さは他の追随を許さない、まさに筋金入り。風貌や物腰は、クルマ屋さんというよりもデザイナーといった雰囲気だが、ソフトなイメージの奥底に頑ななこだわりを秘めている。

       

  アウトパラスのHomepageはこちら
http://www.pallas.co.jp/


 
 SHOP DATA  MAP
店名: アウト パラス
住所: 〒6078186
京都市山科区大宅早稲ノ内町212
TEL: 075-594-1128
FAX: 075-582-4400
URL: http://www.pallas.co.jp/
E-mail: post@pallas.co.jp
営業時間: 10:00〜20:00
定休日: 月曜日
在庫情報: 検索する

  < Back