ジープ

 第2次世界大戦で米軍が採用した、ウイリス社製の小型四輪駆動車がジープ。戦後は同社の商標名となり、多くの民需型派生車種が販売された。また同社の認可を受けた車種が、日本の三菱を始め、各国で生産されたりもした。1970年に同社はアメリカン・モータースの傘下となり、いわゆるジープ型以外の四輪駆動車も積極的に生産するようになる。その後AMCがクライスラーに吸収合併され、さらにクライスラーがダイムラー・ベンツと合併するに至り、ジープはダイムラー・クライスラー社のブランドとなった。

 本家ジープの現代版たるラングラーや、クロスカントリーSUVの元祖と言われるチェロキー・シリーズがラインナップの中心だ。

  売筋新車情報
グランドチェロキー

在庫検索


< Back