シトロエン

 アンドレ・シトロエンが1919年に作ったタイプAがシトロエンの1号車で、これは欧州最初の大量生産車と言われている。シトロエンは先進技術を採用するのを常としており、戦前から戦後にかけて大ヒットとなったFF+四輪独立懸架のトラクシオン・アバンや、戦後発売されたフランスの国民車2CV、さらに55年に発表されたハイドロニューマチックのDSなど、そのいずれもが他のどのクルマにも似ていなかった。だがオイル・ショック後の74年に経営が極端に悪化し、PSAグループの一員として再スタートすることとなった。その後は部品の一部をプジョーと共用しながら、なおシトロエンらしい個性溢れるモデルを発表し続けている。。

  売筋新車情報
サクソ
クサラ

在庫検索


< Back