ランボルギーニ

 フェルッチオ・ランボルギーニが、フェラーリを超えるクルマを作ろうと、スーパースポーツカーの製作に乗りだしたのは1963年のことだった。ミウラやカウンタックといったセンセーショナルなスーパーカーで、フェラーリに十分なプレッシャーを与えた同社だったが、オイルショック以降は経営が悪化。それでもイタリア政府やフランスの投資家の出資で会社は存続し、1987年にはクライスラーが経営に乗りだす。

 クライスラー傘下では、ディアブロの開発やF1参戦など一時的に経営は好転したが、90年代になると再び悪化。1993年にはインドネシア資本の企業に買収される。そして1998年からは、アウディ・グループの傘下に収まっている。

  売筋新車情報
 



在庫検索


< Back